女性の年代別の髪の悩みについて

女性は、髪について悩むことが多いものです。
しかも、年齢を重ねるごとに悩みの種類が変化していきます。

女性の髪の悩みを年代別にまとめたアンケートを見ると、そのことがよく分かります。

二十代女性の悩みは、枝毛や切れ毛、髪の傷みが六割を占めています。
この年代は髪のおしゃれに手間と時間をかけていると思われます。

まず、パーマやヘアカラーによって、髪がダメージを受けている可能性があります。
また、シャンプーやブラッシングで髪に摩擦が加わり、キューティクルがはがれてしまうことも考えられます。
さらに、ドライヤーの当てすぎも髪を傷める原因になります。

その上、若い女性は仕事や遊びに忙しく、生活のリズムが不規則になりがちです。
これも髪の健康を妨げる一因となります。

三十代・四十代女性の悩みでは、髪のぱさつきや白髪、抜け毛、薄毛などが挙げられています。
この年代は、育児や仕事、家事などにおいてストレスを抱えることが多いものです。

ストレスは、体内の血行が悪くなる原因です。
これにより、頭皮に栄養分がうまく送られなくなります。
すると、髪を作るサイクルに狂いが生じ、正常なターンオーバーができにくくなります。
結局、髪が十分に育たないまま抜けるという状態になります。

また、ストレスは毛根部にあるメラニン色素の働きを阻害します。
そのため、毛母細胞が分裂して髪が作られる際、メラニン色素が黒い色をつけられなくなります。
こうして髪の色素が薄くなり、白髪になるというわけです。

さらに、四十代後半にさしかかると、女性ホルモンの分泌量が低下します。
女性ホルモンは、髪の毛を生成すると共に、その持続にも関わっています。
この女性ホルモンが減ることにより、作られる髪も少なくなります。
そして薄毛という状態になるのです。

五十代女性になると、白髪の悩みを挙げる人が半数以上に達します。
その他、薄毛やボリュームのなさについて悩む人も多いです。

この年代になれば、加齢の影響で白髪になることがほとんどです。
自分でできる対策としては、白髪染めがあります。
定期的にお手入れをすれば、黒い髪を維持することが可能です。

薄毛やボリュームのなさには、育毛用のシャンプーやローションなどで頭皮ケアをする方法もあります。
さらに、白髪と薄毛へ同時に対処するには、ウィッグを使うのも有効です。

このように、女性の髪の悩みはさまざまです。
悩みを軽減するためには、若い時から食生活や睡眠に気をつけることが大切です。
その上で規則正しい生活を心がけ、ストレスをうまく解消するように心がけましょう。

髪や頭皮の悩みをできるだけ失くし、いつまでも若々しく過ごしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です